ミヤマザクラ

バラ科サクラ属

分布 北海道・本州・四国・九州

花期  5〜6月

特徴
落葉高木で、樹高10〜15メートル、直径20〜40センチ。標高の高い所に生育する。陽樹で山腹の適潤な肥沃地に生育する。花期が遅く、葉がすっかり展開してから開花する。ほかのサクラが散形状・散房状なのに対し、本種は総状で、まっすぐ上向きに伸びた花柄に花が3〜10個つく。葉は重鋸歯、蜜腺は葉身にある。

撮影手記
目的の花を求めて、仲間と八ケ岳の林道を歩く。樹木の名前にくわしい人がいって、樹木に咲く花の勉強会になった。ミヤマザクラもそのひとつ。サクラの仲間では一番遅く開花するそうだ。

2016年5月29日 八ケ岳
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ

トップヘ  バラ科へ