ミネザクラ

バラ科サクラ属

分布 北海道・本州中部以北

花期 5〜6月

特徴
別名タカネザクラ。温帯から亜高山帯の深山に生える。高さ2〜8メートルになり、よく分枝する。葉は長さ4〜9センチの倒卵形または倒卵形状楕円形で質は薄、無毛。赤褐色の若葉ともに2〜3センチの淡紅赤白色の花が散状に咲く。花柄に毛はない。毛があるのはチシマザクラ。


撮影手記
 ミズバショウの季節に尾瀬ヶ原を歩く。
東電小屋のそばにサクラが咲いていた。
よく見るとミネザクラ。花に酔うウオーキングは、この後も続いた。

2014年6月1日 尾瀬ヶ原
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ
トップヘ  バラ科へ