イワシモツケ

バラ科イワシモツケ属

分布 本州近畿以北

花期 7〜8月

特徴
 低山帯から亜高山帯の日当たりのよい岩場。とくに石灰岩・蛇紋岩の岩場に多い落葉低木。高さ0.5〜2・メートル。葉は単葉、托葉はない。花は5性、白または紅紫色。雄しべ5個。花序は散房状で今年枝に頂生する。

撮影手記
 尾瀬・至仏山は高山植物の保護により山の鼻からは登りの一方通行である。しかもきついうえに、出会う植物が多い。けれど帰りのバスの時間を考えるとのんびりもできない。三脚使っての撮影より手持ち撮影が多くなる。幸い、デジ一眼は感度を自由に変えられるので、高速シャッターを使い風ブレをなんとか防ぐことができる。

左 2013年8月4日 至仏山
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
左下 2014年7月6日 至仏山
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ
トップヘ  バラ科へ