エゾノコリンゴ

バラ科リンゴ属

分布 北海道・本州中部以北

花期 5〜6月

特徴

山地や原野に生える。若枝に軟毛がある。葉は長さ3〜8センチの広楕円形。高さは8〜10メートルになる。よく分枝し、小枝の先の散形状花序に、直径3センチ前後の白色の花(つぼみは白色〜淡紅色)を5個前後つける。花弁、がくは5個。果実は濃紅色に熟し、直径8〜15ミリの球形。

撮影手記
八ケ岳の林道を仲間と樹木の花を観察しながら登る。ズミかなと思ったがズミにしては背丈が高い。樹木に詳しい友人からエゾノコリンゴと教えていただいた。たどり着いた山小屋で信濃ソバを注文。のど越しよく美味しかった。

2016年5月29日 八ケ岳
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
トップヘ  バラ科へ