アイズシモツケ

バラ科シモツケ属

分布 北海道・本州中部以北

花期 5〜6月

特徴
山地の日当たりの良いところに生える。。高さ1〜1.5メートル。葉は互生、葉葉身は広卵形〜狭卵形、先端は鋭くとがり、基部は円形で縁は欠刻状重鋸歯がある。花は散房花序につき、直径約1センチの白い花を多数つける。雄しべは約40個あり、花弁より長い。

撮影手記
八ケ岳の林道を仲間ともに歩く。樹木の花は私はどちらかというと苦手であったが、幸い詳しい人がいって教わりながら歩いた。アイズシモツケもちょうど花の見ごろであった。

2016年5月29日 八ケ岳
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ

トップヘ  バラ科へ