タネツケバナ

アブラナ科タネツケバナ属

分布 日本全土

花期 3〜6月

特徴
田のあぜ道や水辺に群生する高さ20〜30センチの二年草。部は通常暗紫色を帯びて短毛がある。葉は7〜10個の小葉があり、頂小葉は少し大きい。側小葉は狭長楕円形〜倒卵形、幅1〜6ミリ。花は白色、花弁は長さ3〜4ミリ。果実は無毛で長さ2センチ内外。

撮影手記
大月市のある山麓にアズマイチゲの群落を見に行く。撮影後、畑広がる里を散策。畑の畦に生きよいよく群生しているタネツケバナを撮影した。

2015年3月29日  山梨県大月市
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ

トップへ  アブラナ科