イヌガラシ

アブラナ科イヌガラシ属

分布 日本全土

花期 4〜9月

特徴
道ばたや草地に生える10〜50センチの多年草。葉は羽状に裂け、8〜50センチになる。枝先に総状花序を出し花は黄色で直径4〜5ミリ。

撮影手記
 11年春にこのHPに撮影した野草のが千種類を超えた。こうなると行きなれている春の高尾山・奥多摩の近辺の山では、ほとんど撮影していて(たぶん?)まだ、未撮影の花を探して、UPすることが大変になってきた。でも、秋になるとまだまだ撮影していない野草が多く新UPも増える。それも、珍しい種ではなく、どこでも見ることのできる、このイヌガラシのように。秋に咲く一般的な野草の撮影をおろそかにしていたと反省。

2012年9月9日 高尾山
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ 

トップへ  アブラナ科