ミミカキグサ

タヌキモ属タヌキモ属ミミカキグサ類

分布 本州・四国・九州・沖縄

花期 8〜10月

特徴
 湿地に生える多年草の食虫植物。地中に白い糸状の地下茎を伸ばし、小さい補虫のうをつけ、ところどころから長さ6〜8ミリの線形の葉を地上にのばす。花茎は高さ5〜15センちになり、上部に直径5ミリの黄色の花を数個つける。

撮影手記
 渡良瀬遊水地にナガバノイシモチソウの大きな群落あると聞き、発見した茨城県の食虫植物研究家のSiさんに案内していただく。ナガバノイシモチソウの群落ともにミミカクグサも密生していてちょうど花盛り。数多い被写体に迷いながら撮影した。

上・左・左下 2012年8月12日 渡良瀬遊水地
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ 
         タムロン90ミリマクロ
右下 1992年8月16日  成東
キャノンF−1 タムロン90ミリマクロ

トップヘ  タヌキモ科へ