カイジンドウ

危惧種1B類

シソ科 キランソウ属

分布 北海道、本州、九州

花期  5〜6月

特徴
山地の草原のような場所や明るい林下に生える草丈30〜40センチの多年草。
 全体に細かい毛が多く、やや白っぽく見える。 葉は対生し、卵形〜広卵形で長さ3〜8センチ、幅2〜4.5センチ、縁にはまばらに粗い鋸歯がある。花は茎の上部に集まってつき、唇形花で紅紫色、長さ1〜1.2センチ。

撮影手記
富士山の土・日開放されている自衛隊演習所、ならび周辺の山にて撮影。カヤトの中生えていて、背景を気にしながら撮影。絞り込むと背景がうるさくなる。といって開放だとピントが甘くなる。その兼ね合いが難しい。

左 2017年56月21日 山中湖 
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
2017年56月21日 山中湖 
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
2016年6月12日 富士山 
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
2016年6月12日 富士山 
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ

トップへ  シソ科へ