ジャコウソウ

シソ科ジャコウソウ属

分布 北海道・本州・四国・九州

花期 8〜9月

特徴
 産地の谷間の湿り気のあるところに生える多年草。高さは0.6〜1メートル。葉は対生し長さ5〜12ミリの短い柄があり、長楕円形で長さ10〜20センチ、粗い鋸歯があり、、茎ともに細かい毛がある。上部の葉わきから、短い柄を出し、1〜3個の紅紫色の唇形の花をつける。花冠は長さ4〜4.5センチ。和名は茎・葉をゆすると麝香のような香りがすることから。

撮影手記
 前日の天気予報では午後から雨となっていたせいか、日曜日なのに、いつもよりは静かな奥高尾山周辺。下り道、谷筋においてジャコウソウが咲いていたので見つけて撮影し、香りを楽しんだ。

左 2010年10月3日 高尾山
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ
下 2015年9月25日 高尾山
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ

トップへ  シソ科へ