アラゲヒョウタンボク

スイカズラ科スイカズラ属

分布 北海道・本州中部以北

花期 4〜5月

特徴
深山に生え高さ2メートルになる。和名は葉に荒い毛があることから。葉は対生し、両面に毛があり、卵形〜狭卵形で、先は鈍いか又は短く尖る。葉腋から花柄を出し、2個ずつ花を付ける。花ははじめ白色で、のちに淡黄色となり、漏斗状で長さ2〜3センチ、先は5裂する。大きな葉状の苞をもつのが特徴。

撮影手記
コイワザクラを探しながらキレット状の岩場を登ったり下ったり、ヒョウタンボクのような花を見つけ、足場を確保しながら撮影した。帰宅後、アラゲヒョウタンボクと判明した。

2017年5月14日  山梨県鳴沢村
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
トップヘ  スイカズラカへ