ユウバリコザクラ

危惧種1A類

サクラソウ科サクラソウ属ユキワリコザクラ節

分布 北海道・夕張岳

花期 6〜7月

特徴
 夕張岳の蛇紋岩崩壊地の斜面にはえる。ユキワリソウソラチコザクラと比べて、葉裏の白色の粉がややまばらで、葉のふちが細鋸歯状である。花冠の筒部が1〜1.2センチと長く、萼の二倍ある。さらに、二型花柱ではなく、花柱の長さに変異がある点が特異である。

撮影手記
 86年、花追い仲間と夕張岳へ。サクラソウを追いかけている私にとって、ユウバリコザクラが一番の目的である。つらい樹林帯をぬけるとお花畑ある尾根道に。シソバキスミレともに、ユウバリコザクラを見つけ、目的を達成。はるばる遠くまで来たかいがあったもんだ。

1986年6月29日 夕張岳
キャノンF−1  FD100ミリマクロ

トップヘ  サクラソウ科へ