トチナイソウ

危惧種1A類

サクラソウ科トチナイソウ属

分布  早池峰山・崕・礼文島・ホロヌプリ

花期 6〜7月

特徴
 自生地がわずか四カ所。しかも本州では早池峰山の限られた場所に少数生育するのみ。きわめて貴重な種である。亜高山帯〜高山帯の乾いた草地や礫地に生える多年草。花は白色。散状に2〜4個つく。葉は何段かにかたまってつく。
 
撮影手記 1

 岩手の早池峰山へ。先を行くMAさん。振り返って「オ〜イ!ト!」と。ときめいて行けば、まぎれもなくトチナイソウ。

 わずか3センチから5センチたらずの小さな花。ともすれば見失いがちなこの花を見つけたMさんの目のよさに敬服。

1984年7月1日 早池峰山
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
撮影手記 2
あこがれの山、崕山(きりぎし)へ、TさんMAさんKさんと行く。地元のHさんに案内をしていただく。

 沢すじの道を上りつめて、切り立つ蛇紋岩の岩峰郡が目の前にそびえたつ。岩のすき間に、今回の目的の花のひとつのトチナイソウを見ることができた。

崕山。その後盗掘により貴重な植物は壊滅的になり、今や、入山禁止へ。後、解除されるらしいが、厳しい制限をつけるとか。

心なき山草マニアにより、壊滅に追いやられていく花の多いことやら。これが、日本の文化なのだろうか。悲しいかな。

1986年6月28日 崕山
キャノンF−1 FD100ミリマクロ

トップヘ  サクラソウ科へ