ソラチコザクラ

     
上  1992年5月25日 北海道  日高地方 キャノンF−1 FD100ミリマクロ
 絶滅危惧2類

サクラソウ科サクラソウ属ユキワリソウ節

分布 北海道

花期 5〜6月

特徴

低山帯から亜高山帯の主に蛇紋岩地に生える多年草。高さ3〜6センチ。花は紅紫色。直径1センチ。花筒は短く5ミリ。葉の裏面には白粉が密布し葉柄が明瞭。

撮影手記

92年、花追い仲間と北海道に。当時、札幌に住んでいたTさん宅を足場にして、まずはあこがれのテシオコザクラを撮影。翌日、仲間と別れ、先に自生地へ行ったMさん、Kさんより、情報を仕入れて、千歳でレンタカーを借り、一人。目的地へ向かう。

まずはニセコのフギレオオバキスミレを撮影。その後日高地方へ車を走らす。目的地に向かうにつれ、天気は荒れ模様に。強雨プラス強風。カメラを取り出すのにためらうほどだ。これならば、行っても仕方ないかなと思うが、次の機会はいつになるか、わからない。とにかく自生地へ行くだけでも行こう。と車を走らす。ところか奇跡か、自生地に近づくにつれ雨は小やみに。そして、自生地では雨さえ降った形跡もない。途中であきらめないでここまで来て良かった。後は夢中になってカメラのシヤッターを押した。

トップヘ  サクラソウ科へ