サクラソウモドキ

絶滅危惧1B類 

サクラソウ科サクラソウモドキ属

分布 北海道

花期 6月

特徴
 山地の渓流沿いや湿った岩場に生える多年草。根生葉は長い柄があり、腎円形で掌状に9〜13裂し、長さ・幅とも2〜7センチ。軟毛がある。高さ15〜30センチの花茎の先に紅紫色で直径1.5センチの花を下向きにつける。

撮影手記
 大変珍しいサクラソウ科の花である。私は、礼文島と崕山で見ているが、いずれも個体数は少なかった。礼文島では、海岸近くの草地で見つけることができた。海岸近くが亜高山帯という礼文島ならではのこと。

1985年6月6日  礼文島  キャノンF−1 FD100ミリマクロ
トップヘ  サクラソウ科へ