オカトラノオ

サクラソウ科トラノオ属

分布 北海道・本州・四国・九州

花期 6〜7月

特徴
 花序を虎の尾にみたてたもの。丘陵の日当たりの良い草地に生える、高さ0.6〜1メートルの多年草。地下茎を長くのばして増える。茎には短毛がまばらに生え、基部はやや赤みを帯びる。葉は互生し、長さ6〜13センチ、幅2〜5センチの長楕円形または狭卵形で先端はとがる。茎の先に長さ10〜30センチの総状花序を出し、白い花を多数つける。花冠は直径1センチで深く5裂する。

撮影手記
 左上の写真は、貴重な野生ランを求めて、奥久慈の夏の長い林道歩いたときのもの。舗装されている、片道3.5キロを往復。行きはまだ元気で林道わきのオカトラノオなど撮影できたれど、帰路はただ黙々と足を運ぶだけ・・・アオダイショウに出会いながら・・・
オカトラノオは関東地方の山や丘陵においてよく見かける花である。

左上 2009年6月28日 茨城県   奥久慈  EOS 40D EF50ミリマクロ 
右上 2009年6月28日 神奈川県 影信山  EOS 40D EF50ミリマクロ 
トップヘ  サクラソウ科へ