ヌマトラノオ

サクラソウ科オカトラノオ属

分布 本州・四国・九州

花期 6〜8月

特長
 低地から山野の湿地に生える多年草。高さ40〜70センチ。地下茎を伸ばして増える。茎の基部は赤みをおびる。葉は互生し長さ4〜7センチ。幅1〜1.5センチの倒披針状長楕円形。先端は細くなる。茎の先に総状花序をだし、白い小さな花をたくさんつける。花冠は直径5〜6ミリ。 

撮影手記
千葉県成東市の国天然記念物指定・食虫植物群落地のおいて撮影。ここは、季節を変えて訪ねると面白い。訪ねるたびに、新たな野草との出会いがあるから。


2008年8月24日  千葉県成東市
キャノンEOS 40D EF50ミリマクロ

トップヘ  サクラソウ科へ