クリンソウ

サクラソウ科サクラソウ属クリンソウ節

分布  北海道・本州・四国

花期 6〜7月

特徴
 山地の湿り気のあるところに生えている多年草。葉は大型で根ぎわに集まってつき、倒卵状長楕円形で長さ15〜40センチ。高さ40〜80センチの花茎に紅紫色の花を2〜5段輪状に多数つける。花冠は直径2〜2.5センチ。

撮影手記
サクラソウの仲間では、最も大きい。92年小雨ふる中、庚申山へ。目的のコウシンソウを撮影後、山小屋に行き一休み。周辺はクリンソウのお花畑であった。野生種とは思われないほど、華やかな花である。
18年、天気に恵まれ、コウシンソウをはじめ多くの野草を撮影終えて山荘へ。締めくくりにクリンソウを撮影した後カメラをリュックにしまい下山へ。

左 1992年6月21日 庚申山
キャノンF−1 タムロン90ミリ
上  2018年6月3日 庚申山 キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ オリンパスTG−4
トップヘ  サクラソウ科へ