コイワザクラ

1985年5月12日  丹沢  
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
 1993年5月9日   箱根  
キャノンF−1 タムロン90ミリマクロ
   2010年4月25日 箱根・金時山
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ
絶滅危惧2類

サクラソウ科サクラソウ属コイワザクラ節

分布  神奈川県・群馬県・山梨県・静岡県

花期 5月

特徴
山地の岩場に生える多年草。葉には柄があり軟毛が多く、腎円形で直径1.5〜4センチ。ふちは浅く5裂する。高さ5〜10センチの花茎の先に1〜5個の花を散状につける。花冠は紅紫色で直径1.8〜2.5センチ。

撮影手記
初めてコイワザクラを見たのは二十歳の時、丹沢を日帰りで縦走中に、思いもかけずに出会えた。その可憐さにすっかり虜になった。が当時の私は、撮影は未熟。ピンボケ写真だった。

本格的に野草撮影に目覚めて、コイワザクラをあらためて撮影したいと思い、西丹沢へ。きつい登り道にバテながら登り、ようやくみつけたコイワザクラは。終わり気味。きれいな花を探すのに苦労した。

花仲間に教えれた箱根へ。このときは強風に悩まされ、満足いく写真は数枚しかなかった。

金時山では、前年の山行のときに、コイワザクラ咲きそうな場所を見つけて、その推理?のもとに見つけることが出来た。

群生地をみたいと思い、富士山周辺の山へ。岩場を登ったり、下ったり。怖い思いはしたけれど、やっと、たくさんのコイワザクラを見ることが出来た。

18年、念願の丹沢で撮影でコイワザクラを撮影。体力的にきつかったけれど、コイワザクラのお花畑に満足。


2018年4月29日  丹沢 
オリンパスTG−4

コイワザクラの葉
クモイコザクラ と比べて毛深い。


上  2018年4月29日  丹沢
右 2017年5月14日  山梨県鳴沢村
キャノンEOS70D EF50ミリマクロ
上  2017年5月14日  山梨県鳴沢村 キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
2018年4月29日  丹沢 キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
トップヘ  サクラソウ科へ