カッコウソウ

危惧種1B類

サクラソウ科サクラソウ属サクラソウ節

分布  群馬県・長野県(絶滅?)

花期 5月

特徴
 山地の林内に生える多年草。葉は長い柄があり、広円形で直径5〜12センチ。表面にしわがあり、ふちは掌状に浅く不規則に裂け、さらに細かい歯牙がある。花茎はやや太く、葉柄ともに白色の毛が密生し、高さ10〜20センチになり、5〜13個の花を1〜3輪状につける。花冠は紅紫色で、花喉部は濃紅褐色。直径2〜3センチ。筒部は長さ1,5〜2センチ。

撮影手記
 カッコソウと、初めて出会ったのは1983年。ダメ元で鳴神山へ行く。杉林の中で偶然見つけたときは涙が出るほどうれしかった。その後、カッコウソウの咲く頃、鳴神山通いが続くが、杉の生長ともに生育状況が悪くなり、いつの間にか消滅してしまった。
 その後、仲間からカッコウソウの群落が別の場所にあり、そこは、かって坪と呼ばれた。
 美しさから山草マニアから盗掘され、まさに幻のサクラソウ。一時は頂上直下に人工的に自生地を復元したらしいが、私はまだ、そこを確認していない。
 残念ながら撮影した群落は根こそぎ盗掘されて、今はない。頭にくるなぁ〜

先頭左上 1984年5月13日 鳴神山
キャノンF−1  FD1000ミリマクロ

それ以外
1998年5月10日 鳴神山
キャノンF−1  タムロン90ミリマクロ
上 1984年5月13日 鳴神山 キャノンF−1  FD1000ミリマクロ

トップヘ  サクラソウ科へ