ハマボッス

サクラソウ科オカトラノオ属

分布 日本全土

花期 5〜6月

特徴
海岸に生える高さ10〜40センチの二年草。全体の様子を仏具の払子に見立ての和名。茎は円柱形で稜があり、しばしば赤みを帯びる。葉は互生し、長さ2〜5センチ幅1〜2センチの倒卵形で暑くて光沢がある。茎の先端に短い総状花序を出し、葉状の苞のわきに白い花を1個ずつつける。花は直径1〜2センチで五裂する。

撮影手記
城ヶ島ならび三浦半島の海岸は、私にとって海浜植物の撮影のフィルードである。美味しい海の幸を求めることも出来るし、のんびりと海を眺めながら歩くことが出来る。そしてなにより季節により数多くの野草と出会うことが出来る。ハマボッスもそのひとつ。

左 2018年6月24日 神奈川県三浦市
キャノンEOS70D EF50ミリマクロ

トップヘ  サクラソウ科へ