ヤマルリソウ

ムラサキ科ルリソウ属

分布 本州・四国・九州

花期 3〜5月

特徴
 山地の木陰や道ばたなどに生える、高さ7〜20センチの多年草。全体に白い開出形がある。根生葉は多数つき、長さは12〜15センチ、幅2〜3センチの倒披針形でふちはなみをうつ。茎葉の基部はやや茎を抱く。茎の先に総状花序を出し、直径約1センチの淡青紫色の花を次々に開く。花が終わると花柄は垂れ下がる。

撮影手記
 早春の関東の山の沢沿いでよく見かける。青紫色の可愛い花。白花もある。

1990年4月1日 古賀志山
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
2016年4月3日 高尾山
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
白花  2016年4月10日 高尾山
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
2016年4月10日 高尾山
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ

トップヘ  ムラサキ科へ