ツルカメバソウ 

絶滅危惧2類

ムラサキ科キュウリグサ属

分布 青森・岩手・群馬・長野

花期 4〜5月

特徴
 樹林内に生える高さ7〜20センチの多年草。茎は倒れると葉腋から長い走出枝を出す。葉は卵形で長さ3〜5センチ、先は鋭い。花は1つの花序に直径約1センチ、青紫色で7〜10個つける。小花柄の長さは1.5〜2.5センチ

撮影手記
 群馬県の探草家のMさんが、サクラソウの仲間のOOを撮影した後、じゃ〜次はと、案内して頂いたのが、ツルカメバソウの自生地。ヒトリシズカの珍しい二花も見ることが出来た。

2004年4月29日 群馬県
キャノンEOSー1 タムロン90ミリマクロ

トップヘ  ムラサキ科へ