オニルリソウ

ムラサキ科オオルリソウ属

分布 北海道・本州・四国・九州

花期  6〜8月

特徴
山地に生える草丈60〜100センチの2年草。茎には粗い開出毛が目立つ。葉は長楕円状披針形で、長さ10〜20センチ、両端が尖る。葉の毛はまばら。
花序は総状で長く伸び、その先に直径3ミリ程度の小さな淡青紫色の花を次々咲かせる。

撮影手記
 正直この花は知らなかったが、撮影仲間のSさんにより高尾山に秘かに?咲いていると聞きあわてて植物図鑑を調べて、その姿を確認。「今咲いているよ」と情報を聞いて、真夏の炎天下の中の撮影。日差し強く、日よけのコンビニ傘をリュックに取り付けて苦労して撮った。

2015年8月2日 高尾山
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ

トップヘ  ムラサキ科へ