キュウリグサ

ムラサキ科キュウリグサ属

分布 日本全土

花期 3〜5月

特徴
 道ばたや庭などに多いに多い高さ15〜30センチの2年草。下部の葉は長い柄があり、長さ1〜3センチの卵円形。上部の葉は無柄。茎の先にサソリ形花序を出し、直径2ミリほどの淡紫色の花を次々に開く。

撮影手記
 葉をもむとキュウリのような臭いがすることが名前の由来。どこでも見かける人里の植物。アップしてみると、意外ときれいな花である。

左 2009年4月5日 高尾山
キャノン40D EF50ミリマクロ
左下 2017年4月9日  山梨県甲府市
 オリンパスTG−4
トップヘ  ムラサキ科へ