ハナイバナ

ムラサキ科ハナイバラ属

分布  日本全土

花期  3〜11月

特徴
畑・道ばたに普通にみることができる1〜2年草。
茎は細く上向きて゛伏毛がある。高さ10〜15センチになる。葉は長楕円形で長さ2〜3センチ、幅1〜2センチ、表面にしわがある。春から秋にかけて枝上部の葉わきに淡青紫色の花をつける。花冠は径2〜3ミリで5裂する。

撮影手記
どこでも見かけるハナイバラとキュウリグサ。しかし、超アップで見ると宝石のように美しく、可愛い。同行のOさんにこの花の魅力を教えていただいた。

左 2017年4月16日 奥多摩 
キャノンEOS 70D  EF50ミリマクロ  
左下  2017年4月16日 奥多摩
オリンパスTG−4

トップヘ  ムラサキ科へ