ヒメシロアサザ

絶滅危惧2類
ミツガシワ科アサザ属

分布 本州・九州

花期 7〜8月

特徴
 1年生または多年生の水草。水深1メートル以下の水域に群落となる。 葉は卵状円形で直径2〜6センチ。表面には紫褐色の斑紋が目立つ。 花は葉腋から花柄をだし水面上に咲く。花冠は白色で中心部は黄色。直径約8ミリ5深裂し、裂片の縁だけに毛がある。 刮ハは長楕円形。

撮影手記
 猛暑・酷暑の盆休み。友人と渡良瀬遊水地に行く。撮影用の傘を日傘にし、帽子をかぶり首には濡れタオルをまきなかながら植物探草をした。

左 2013年8月11日 渡良瀬遊水地
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
2017年8月13日 渡良瀬遊水地
キャノンEOS 70D EF50ミリマクロ
右下 オリンパスTG−4

トップヘ  ミツガシワ科へ