キツネノマゴ

キツネノマゴ科キツネノマゴ属

分布 本州・四国・九州

花期 8〜10月

特徴
野原や道ばたにごく普通に見られる10〜40センチの一年草。茎はまばらに枝分かれして葉ともに短い毛が生えている。葉は対生し長楕円形で長さ2〜5センチ。枝の先に穂状の花序をつけ淡紅紫色の唇形の花をつける。

撮影手記
渡良瀬遊水地の土手に咲いていた。近くには、ワルナスビ オオニキソウ等の帰化植物が多かった。


2012年8月12日 渡良瀬遊水地
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ 

トップへ キツネノマゴ科へ