ハグロソウ

キツネノマゴ科ハグロソウ属

分布 本州関東以西・四国・九州

花期 8〜9月

特徴
山地の木陰に生える多年草。茎はまばらに枝分かれして高さ20〜50センチ。葉は暗褐色色で対生し長さ2〜10ミリの柄があり、葉身は卵状楕円形または剣針形で長さ2〜10センチ、幅1〜2.5センチの全緑。枝の先、上部の葉脇に花柄を出し、その先に2個の葉状の広卵形の苞に包まれた紅紫色の花をつける。花冠は2唇形で下唇の方が幅が広い。

撮影手記
06年の夏のお盆休み。友人と高尾山へ。六号路にてハグロソウを見つけて撮影。早めに下山して高尾にある今回の目的の温泉に行く。

左・左下2006年8月13日 高尾山 
キャノンEOS−1 タムロン90ミリマクロ
右下 2010年9月5日 高尾山
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ

トップへ キツネノマゴ科へ