ハエドクソウ

キツネノマゴ科ハエドクソウ属

分布 北海道・本州・四国・九州

花期 7〜8月

特徴
根を煮詰めた汁でハエ取り紙につけたことから。林に中に生える高さ30〜70センチの多年草。葉は対生し、長さ7〜10センチ、幅4〜7センチの卵形〜長楕円形で粗い鋸歯がある。花穂状につき白色でしばし淡紅色をおびる。蕾は上向きだけれど開花すると横を向く。

撮影手記
林の縁になどによく見かける。名前から食虫植物のようなイメージがあるけれど虫は食べないし、花も地味である。細長い花茎は風に揺られやすく撮影は意外と難しい。

トップへ キツネノマゴ科へ