ツリガネニンジン

キキョウ科ツリガネニンジン属

分布 北海道・本州・四国・九州

花期 8〜10月

特徴
 山野に普通に見られる多年草。高さ0.4〜1メートルになる。ほとんど分枝しない。切ると乳液がでる。全体に毛があるのをシロゲシャジンという。変化が多いので、ここでは同一種として扱う。

撮影手記
  天然記念物指定の千葉県成東市の食虫植物群生地にて撮影。ミズオトギリの開花が午後三時頃という。まだ二時間以上、間が合ったので湿地をくまなく散策。その間にツリガネニンジンを撮影。高尾山にフクシマシャジン探しに行く。近くにはツリガネニンジンの他、全体に毛が多いシロゲシャジンと呼ばれる個体、その中間的のもありややこしかった。
 
左 2008年8月24日  千葉県成東市
キャノンEOS 40D EF50ミリマクロ
2015年8月14日 高尾山
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
2015年8月30日 尾瀬沼
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
2017年8月6日 山梨県忍野村 
オリンパスTG−4

 シロゲシャジン

上  2015年8月14日 高尾山  キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ 2015年8月14日 高尾山

トップヘ  キキョウ科