ミヤマシャジン

キキョウ科ツリガネニンジン属

分布
東北〜中部地方

花期   7〜8月

特徴
亜高山帯から高山帯の礫地や岩場に生える多年草。高さ10〜30センチ。葉の長さは4〜8センチ、幅1.5〜2.5センチ。花序は総状。萼片は全緑。花柱は花冠と同じか、ややつきだしている。

撮影手記
タカネトウウチソウを撮影目的に至仏山へ。お花畑の最盛期が過ぎているので、花の撮影は少ないと思っていたけれど、うれしい誤算であった。時間的余裕かなかったので、三脚立てての撮影ではなく、デジ一眼の特性である感度を自由変えられるを利用して、手取り撮影。そのため構図が甘くなってしまった。

2013年8月4日 至仏山
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ

トップヘ  キキョウ科