ウスユキソウ

キク科ウスユキソウ属

分布 本州・四国・九州

花期 7〜8月

特徴
 低山帯上部〜亜高山帯の開けた草地や礫地にはえる。高さは20〜30センチ。茎は全て良く伸び、花時に根生葉はない。頭花に短い柄がある。ウスユキソウの中では、もっとも低山帯まで生育し、また各地へ分布が広がっている。

撮影手記
 薄雪草という、しゃれた名前にあこがれていた。ただ、若い頃はウスユキソウの仲間を見ても、その良さがわからず、名前負けしているなと思った。が、年を重ねるごとに薄雪草の地味で渋みで、そして清楚な魅力に惹かれていく。
 梅雨の合間の晴れの日。大菩薩峠から嶺への尾根道にて撮影。

 1991年7月7日 大菩薩峠
キャノンF−1 FD100ミリマクロ

トップへ  キク科へ