タカオヒゴタイ

2008年10月12日 高尾山 
キャノンEOS 40D EF50ミリマクロ
2008年10月12日 高尾山
  キャノンEOS 40D EF50ミリマクロ
 2008年10月19日 高尾山
 キャノンEOS−1  タムロン90ミリマクロ 
 2008年10月19日 高尾山
 キャノンEOS−1  タムロン90ミリマクロ 
タカオヒゴタイ

キク科トウヒレン属

分布  東京都・神奈川県・山梨県

花期 9〜10月

特徴
 高尾山で一番最初に発見されたことからタカオヒゴタイと名付けられた。下葉がバイオリン状になっていて、総苞片が反りかえ先が鋭く尖るのが特徴。高さ35〜60センチ。

撮影手記
 発見地でのタカオヒゴタイを撮影してみたいと思いながら、花の季節が特定できず、撮影までに3年ごしになった。08年、自生地を見つけてからも、三週間通って、撮影をした。その後、高尾山において他の自生地・陣馬山・奥多摩の御嶽山などで見ることができた。           
 
上  2010年10月24日 高尾山  キャノンEOS50D EF50ミリマクロ
上  2015年10月4日・12日 高尾山  キャノンEOS50D EF50ミリマクロ

トップへ  キク科へ