タカネヤハズハハコ

キク科ヤマハハコ属

分布 北海道・本州中部以北

花期 7〜8月

特徴
 高山帯の礫地や乾いた草地に生える多年草。 全体に白い綿毛をかぶり、葉は白く見える。葉の基部の両側は茎に沿って下方に流れる。

撮影手記
 84年夏、友人とかねてから念願の山、南アルプスの荒川三山・赤石岳・聖岳へ、夜行4泊5日の旅。まずは、名山・荒川三山の主峰「悪沢岳」へ。
 悪沢岳は、深田久弥著「日本百名山」に、地図上の正式な呼称の東岳ではなく、悪沢岳と呼んで欲しいと。 
 その名山悪沢岳は、その頂からの展望や荒川岳小屋にかけてのお花畑といい、期待以上の素晴らしい山であった。そんな山に登れた幸せを感じた。 
 南アルプス南部の山小屋は当時は全て自炊。早めに小屋につき、同宿の人と会話を楽しみながら、ゆっくりと食事の支度に。そして、7時には睡眠に入った。若かった当時は、体力も休日も今も、だいぶあったなぁ〜。

1984年8月2日  悪沢岳
キャノンF−1 FD100ミリマクロ

トップへ  キク科へ