タカネコンギク

タカネコンギク

キク科シオン属

分布 本州

花期 7〜9月

特徴
ハコネギクの高山型。亜高山帯〜高山帯の草地に高さ30〜40センチの多年草。歯はやや厚く、両面に短い剛毛が密集しざらつく。日本海側要素。

撮影手記
 西黒尾根の分岐近くで、ジョウシュウミヤマアズマギクかなと思い撮影したけれど、よく見ると異なる。「花の谷川岳」宮崎俊夫・阿部利夫著ほおずき書房によるとタカネコンギクと判明。
 撮影に時間を取りすぎ、バス亭につくとすでに最終バスに五分遅く間に合わず。重い足どりで、駅前で売っているビールを励みに土合駅までトボトボと歩いた。

2001年7月29日 谷川岳
キャノンEOSー1 EF50ミリマクロ

トップへ  キク科へ