セイタカトウヒレン

キク科トウヒレン属

分布 関東・中部

花期 9〜10月

特徴
 山地の草原に生える多年草。高さ0.7〜1メートル。総苞が鐘形であり、パイナッブルの形に似ている。見分けが困難なトウヒレンの仲間ではわかりやすいほうだ。総苞片は反り返らない。茎には翼がある。

撮影手記
 秋の金時山へ。トウヒレンの仲間捜しが目的。登山口から頂上まで六時間もかけて歩いた。目的のキントキヒゴタイの他、オオヤマボクチキントキシロヨメナなど撮影にいそがしい。予期していなかったセイタカトウヒレンにも会えた。やっと頂上について、金時小屋でカップラーメンを購入。金時おばさんは、「昼時は、団体でものすごく混んでいたよ」と。今は数人しかおらず、結果的に時間差登山?になり、静かな山頂のひとときをすごせた。

2008年9月28日 箱根・金時山
キャノンEOS 40D EF50ミリマクロ

トップへ  キク科へ