シロヨメナ

2008年10月12日 高尾山
キャノンEOS 40D EF50ミリマク
2015年10月25日 高尾山 
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ
キク科シオン属

分布 本州・四国・九州

花期 8〜11月

特徴
 山林のふちに生える多年草・高さ0.3〜1メートルになる。葉は長楕円形状で披針形で先は鋭くとがる。ふちは大きな鋸歯がある。頭花は直径1,5〜2センチ。総苞は筒状で約4ミリ。地方により変化があり。

撮影手記
上のシロヨメナは、基本的な花。秋の高尾山に多く目立つのが、シラヤマギクとシロヨメナ。秋の初めにユウガギク。その後リュウノギク、カントウヨメナと続く。シロヨメナは早秋から晩秋まで、長くみることができる。
シロヨメナは葉の節が短いタイプ。
1989年10月1日 丹沢
キャノンF−1 FD100ミリマクロ
キントキシロヨメナサガミギクの中間種のように
思われる?
2009年9月13日 箱根・金時山
キャノンEOS-1 タムロン90ミリマクロ

トップへ  キク科へ