シラネアザミ

キク科トウヒレン属

分布 福島県東部・関東北部・長野県

花期 8〜9月

特徴
深山の草原に生え、高さ35〜65センチの多年草。狭い翼があり、上部には褐色のちぢれた短毛が多い。下部の葉は卵形〜長卵形で、長さ5〜12センチ。。
 頭花は密に散房状に2〜8個つき、紅紫色で径1〜1.5センチ。頭花には柄がある。総苞は鐘形で褐紫色、外片は卵状披針形で反り返る。

撮影手記
 尾瀬ヶ原にてトウヒレンの仲間を見つけて撮影した。帰宅後調べてシラネアザミと判明。

2012年8月5日 尾瀬
キャノン50D EF50ミリマクロ
トップへ  キク科へ