シナノタンポポ

キク科タンポポ属

分布 関東・中部地方

花期 3〜5月

特徴
 平野や里山、低山に咲く。長らくエゾタンポポと同一とされていた。が、近年、染色体が異なることから別種と分けられた。染色体は2倍であり、カントウタンポポの変種とされている。

撮影手記
高尾山麓にて撮影。ここでは、気をつけて見ればシナノ・カントウ・カンサイ・シロバナそれにセイヨウタンポポを見ることができる。春の日陰沢に向かう旧甲州街道沿いの道は楽しい。私は人里の植物の撮影の多くを、このコースにおいて撮影している。

左 1990年4月8日 高尾山
キャノンF−1 FD50ミリマクロ
2010年4月11日 群馬県藤岡市
キャノン50D EF50ミリマクロ
2017年4月9日  山梨県甲府市
キャノンEOS 70D  EF50ミリマクロ

トップへ  キク科へ