オゼミズギク

キク科オグルマ属

分布 尾瀬ヶ原・東北の湿地

花期 7〜9月(最盛期は8月)

特徴
ミズギクの変種。葉の裏に腺点の多いことが特徴。それ以外はミズギクとの相違点は少ない。高さ20〜50センチ。

撮影手記
 05年の夏休み。家族で尾瀬沼ハイキング。雨が降ったりやんだり。幸い歩いているときは雨に遭わず。車での移動中は雷豪雨という幸運。オゼミズギリにクモの巣がはり、そこに水滴がついてきれいだった。はたして、ふたりの息子(当時中一と小4)は自然の中の歩き好きになってくれただろうか。いつも、部屋でテレビゲームばかりやっていって・・・
後記 二人の息子は山歩き・アウトドアーにめざめることはなかった。
 
左 2005年8月15日 尾瀬沼
キャノンEOS−1 タムロン90ミリマクロ
2010年8月1日 尾瀬沼
キャノン50D EF50ミリマクロ
2012年8月5日 尾瀬ヶ原
キャノン50D EF50ミリマクロ
2015年8月30日 尾瀬沼
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ

トップへ  キク科へ