オタカラコウ

キク科メタカラコウ属

分布 本州(福島以西)四国・九州

花期 7〜8月

特徴
 メタカラコウより強壮にみえることから。深山の湿地に生える、高さ1〜1.2メートル。葉は三角状腎心形で長さ35センチ。

撮影手記
 93年の盆休みを利用して、中学時代からの友人と尾瀬ヶ原を歩く。朝自宅を出って、新幹線・上越線を乗り換え、沼田駅からバスを乗り継ぎ鳩待峠へ。花を見ながらのんびり尾瀬ヶ原を歩き、温泉小屋にて泊まる。お盆なのに山小屋は空いていた。いつもは、日帰りで行くことの多い尾瀬。たまには山小屋泊まりもいいもの。名前の通り温泉にも入れるし。

左 1993年8月12日  尾瀬ヶ原
キャノンF−1 FD50ミリマクロ
左下 2010年8月1日 尾瀬沼
キャノンEOS50D EF50ミリマクロ

トップへ  キク科へ