オオニガナ

危惧種1B類

キク科フクオウソウ属

分布  本州近畿以北

花期 9〜10月

特徴
 低地の湿原にはえる多年草。高さ60〜110センチ。まばらに祖毛がある。根生葉と下部の葉は花期にはない。花序は円錐状で10個の頭花をつける。頭花は直径3〜4センチ。30個くらいの小花をつける。 ニガナの名前あるがニガナ属ではなくフクオウソウの仲間。

撮影手記
 平野部の湿地は開発されて次々となくなっている。オオニガナも湿原ともに姿を消しつつある。この花を撮影した湿地は残念ながら今はない。

1994年10月16日 茨城県岩間
キャノンF−1 FD50マクロ

トップへ  キク科へ