オオヒラウスユキソウ

危惧種1A類

キク科ウスユキソウ属

分布 北海道(大平山・崕山)

花期 7〜8月

特徴
 高山帯の石灰岩の岩場にはえる。高さは10〜30センチ。有花茎と無花茎があり、有花茎の葉は15〜30個。先は細くなる。ハヤチネウスユキソウと同じとする説もある。

撮影手記
 崕山・夕張岳・野幌の夜行二泊三日の豪華な山旅。初日は崕山(キリギシ)へ。千歳でレンタカーを借りて、いつもの仲間と行く。崕山は地元のHさんが案内していただいた。
 北海道でも限られた場所にしか自生していないオオヒラウスユキソウにいきなり対面。まだ心の準備もしていないのに?私にとって日本に自生するウスユキソウの中で一番出会うのに難しいと思っていただけに、うれしかった。

1986年6月28日 崕山
キャノンF−1  FD100ミリマクロ

トップへ  キク科へ