オオジシバリ

キク科ニガナ属

分布 日本全国

花期 4〜5月

特徴
 やや湿り気のある畑や田圃の畦、河原の土手・荒れ地などに普通に見られる多年草。シジバリに似て花や葉が大きい。葉は長さ6〜20センチ、幅1,5〜3センチの倒被針形〜ヘラ状楕円形。高さは20センチくらい。頭花の直径は2.5〜3センチ。

撮影手記
 休耕田にて撮影。毎年のように減反は増え続けている。収穫できる田んぼを放棄することは、もったいないことだ。米の価格の維持・生産者保護の面から言えば必要なことなのかもしれないが、なぜか矛盾を感じ得ない。

2008年5月18日 栃木県下野市
キャノンEOS 40D EF50ミリマクロ

トップへ  キク科へ