ムラサキニガナ

キク科アキノケシ属

分布 本州・四国・九州

花期  6〜8月

特徴
山林内に生える60〜120センチの多年草。 茎は中空で無毛。葉は互生し、下部のものは羽裂するが、上部のものは小さくて披針形。花は円錐花序になって下向きに多数つき、紫色で径約1センチ。冠毛は白色。

撮影手記
楽しみにしていた開花間近の野草が盗掘されてしまい、重い足取りで山歩く。やや日影に咲いていたムラサキニガナ撮影。暑さにもバテながら。

2015年7月19日 高尾山
キャノンEOS 50D EF50ミリマクロ

トップへ  キク科へ