メナモミ

キク科メナモミ属

分布 日本全土

花期 9〜10月

特徴
 山野に生える高さ0.6〜1.2メートルの一年草。茎の上部には白い開出毛が密生する。葉の翼には長い柄があり対生する。
葉は卵形または卵形三角形。葉面には白い毛が密生している。頭花は直径2センチで周りに舌状花が一列に並び、内側に筒状花がある。総苞片は五個あり、開出する。

撮影手記
 メナモミの果実はトゲがあり衣服につきやすい。子供のころ、秋の学校の遠足で山登りしたとき、服についたメナモミの果実を友達に投げ合って遊んだ思い出がある。

2008年09月28日 箱根・金時山
キャノンEOS 40D EF50ミリマクロ

トップへ  キク科へ