コウゾウリナ

キク科コウゾウリナ属

分布 北海道・本州・四国・九州

花期 5〜10月

特徴
コゾウリはカミソリのこと。茎や葉に剛毛がありさわると手がきれそうなことから。山野の草地や道ばたなどにふつうに生えている。高さは0.3〜1メートルの二年草。根生葉は花期には消える。

撮影手記
 群馬県の渡良瀬遊水地へ向かう土手に咲いていた。真夏のなんの日よけもない河川の土手歩きはつらい。人里の花。悪く言えば雑草のコゾウリナを、背景をボカして山野草の雰囲気にして撮影して、暑さの気をまぎらわせた。

2003年7月27日 渡良瀬遊水地
キャノンEOS−1 タムロン90ミリマクロ

トップへ  キク科へ