キントキシロヨメナ

希少

キク科シオン属  

分布 箱根・丹沢

花期 9〜10月

特徴
 シロヨメナの地方型。全体に小型で、葉が下の方にかたまってつくことや、葉に葉柄があることが特徴。花もシロヨメナと比べて小さい。金時山で発見されたのでキントキシロヨメナと名付けられた。

撮影手記
 野ギクの容姿の美しい被写体を探して金時山を登っていくと、小柄な株を見つけた。帰宅後、「山渓ハンディ図鑑11 日本の野菊」で調べてみると、キントキシロヨメナと判明した。
シロヨメナは地域変化が大きく、判定がむずかしい。

2008年9月28日 箱根・金時山
キャノンEOS 40D EF50ミリマクロ

トップへ  キク科へ