キントキヒゴタイ

キク科トウヒレン属

分布 箱根・丹沢・伊豆

花期 9〜10月

特徴
 タカオヒゴタイと同じように、葉がバイオリン状の湾入があるが、ない場合もある。フォッサ・マグマ要素の植物のひとつ。箱根の千石にちなんで別名がセンゴクヒゴタイ。総苞片が反りかえ、鋭く尖ることはない。クモ毛と呼ばれる糸のような毛が生えている。

撮影手記
 箱根金時山へ花を求めて。登山口9時、頂上にたどり着いたのが15時という超のんびりと歩いた。というのも目的のキントキヒゴタイの撮影に手こずったから。曇り空と霧。さらに風。忍耐のいる撮影だった。
 タンザワヒゴタイと中間的なものがあり、判定に悩んだ。
  
2008年9月28日 箱根・金時山
キャノンEOS 40D EF50ミリマクロ

トップへ  キク科へ